すまいるポスト

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コラム

「ビハーラ」をご存知ですか?

先ず言葉の意味ですが、「ビハーラ」とは、「巡礼者の休養所の場」を意味するインドの古い言葉です。「ホスピス」と原意はほぼ同じで、1985年頃から「佛教ホスピス」を意味する言葉として使われ始めました。最近では、その意味するところが広がって、「佛教精神に基づいて、人の生老病死を支える活動」として、これまでの、佛教的社会福祉や奉仕活動を包む言葉として使われつつあるものです。何か新しい活動のように思われるかもしれませんが、そう恩われる事こそが、現代日本の荒廃した、精神状況、宗教状況を表わしています。

「ビハーラ」は本来、歴史的に、佛教寺院が持っていた役割です。日本の最初の佛教寺院の一つである、大阪の四天王寺には、当初から四箇院(敬田院、悲田院、施薬院、療病院)があり、佛の慈悲と智恵を表現する手足として活動していました。
敬田院は学校、悲田院は老人ホームと児童養護施設、施薬院は病院、療病院は療養所です。それが明治以降、佛教と民衆生活の分離(廃佛毀釈)が政治的に行なわれ、寺院は手足をもがれたダルマさんとして、観念的な教義や形骸化した儀式のみに埋没し、離された手足の方は、慈悲と智慧という頭を失い、一部は、金儲けの手段に成ってしまっているのが、現代の様相ではないでしょうか。
ちなみに今、「ホスピタル」の事を「病院」と訳しますが、明治期に入ってきた英語を翻訳する際に、この「療病院」の「病院」を取って訳語にしたのです。

歴史的な事実を先ず確認しましたが、一方、世界的にも「ビハーラ」は当たり前なのです。
今年3月、ハワイのホノルルの最大規模の病院「クイーンズメディカルセンター」を訪問しました。その病院には、「チャプレン」(後注)と呼ばれる宗教者が常駐しています。主にはキリスト者ですが、ハワイですから、患者さんに、主に日系の佛教者も多くおられ、それに応えるべく、佛教のお坊さんも時に応じて呼ばれるのです。さらに、病院には礼拝室があり、平和な樹木や水の流れを象徴するきれいなステンドグラスの扉を開けると、中には、なんと金色の阿弥陀仏が安置されていました。それが狭い意味の佛教者だけではなく、キリスト教のチャプレンや、いろんな背景を持つ患者さんたちに大事にされているのです。

チャプレンの仕事としては、主には患者さんのスピリチュアルな(心の)相談を聴くことですが、時には、看護師や医者やの相談にも乗り、患者さんのケアを、医者、看護師、ソーシャルワーカー、チャプレンの四者がチームを組んで行っておられました。

まさに「ビハーラ活動」でした。

今、明治から150年が経ち、ようやく、手足をもがれた寺院も、再度、手足を生やしていこうとし、頭と切り離された手足にも、再度、頭を本来の願いを取り戻そうという動きが始っています。すでに、「佛教看護・ビハーラ学会」と名のる学会も動きだしています。これから目にする機会が増えるであろう「ビハーラ」という言葉を、ぜひ覚えておいてくだざい。

注 Chaplain 寺院や教会以外の場所で働く宗教者を意味する英語。主なものは、軍隊に同行する従軍僧、キリスト教社会では多様な場におられ、ワイキキビーチチャプレンやディズニーランドチャプレンもおられる。

清史彦(きよし ふみひこ)
大阪市平野区。真宗大谷派瑞興寺住職
http://www.vows.jp/

The following two tabs change content below.
清 史彦 住職 (釈秀顕)

清 史彦 住職 (釈秀顕)

真宗大谷派 瑞興寺 住職 大阪市平野区平野町3-4-17 京都大学法学部卒業後、数年間商社勤務(東京)。1982年僧職につく。1996年より瑞興寺住職に。大阪府立天王寺高校、京都大学ともにラグビー部主将。好きな言葉は「浄土建立」、「真実に生きよう」。ビハーラ活動のほか、大阪天神橋6丁目で坊主バーをやってます。
清 史彦 住職 (釈秀顕)

最新記事 by 清 史彦 住職 (釈秀顕) (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. a0001_018035_m 高濱さんNo.4メイン画像

    コラム

    高齢社会!どう生きる?④

    介護費用 使いすぎ!こんにちは。社労士・FPの高濱光暢です。今回は…

  2. 清住職No1 2018Jun7 a0990_001358_m

    コラム

    仏教は難しい!?

    こんにちは。大阪市平野区の瑞興寺住職の清史彦です。お寺は浄土真宗(大谷…

  3. コラム

    高齢化社会・・・!?

    最近よく『高齢化社会』という言葉を耳にしますが、本当にそうなのでしょう…

  4. untitled

    コラム

    親を見送ること ①

    こんにちは。ライターの“ほき”です。今日は、親が亡くなった時、…

  5. IMG_3356

    コラム

    心の痛み

    宗教者として、死後のメッセージ…自分とリンクして考えて見ました。…

  6. FullSizeRender

    コラム

    介護、看取り・・・今も残る胸の痛み (1)

    はじめまして。ライターの“ほき”です。 今回が初めての寄稿です。…

最近の記事

  1. 高濱さん20181023メイン a0960_003831_m
  2. つのさん20181019 記事メイン a0002_000162_m
  3. ym20181008 黒電話 a1380_000344_m
  4. 高濱さん20180920記事メイン PAK86_inakanonatu_TP_V
  5. 42B5EA83-54EC-4B50-A814-7D3B653BCE6E

特集記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP