すまいるポスト

IMG_3356

コラム

心の痛み

宗教者として、死後のメッセージ…自分とリンクして考えて見ました。

四年前に母親の他界、神仏一筋の88年。
晩年は誤嚥肺炎等で弱りましたが、出来る限り仕事をしながら介護もしてきました。

亡くなった夜、無性に涙が出てきた事。
昔のことが走馬灯のように頭を駆け巡り涙が止まらなかった事。

人間って不思議なもので、感情の動物なんだなぁと感じました。亡くなった後、感じたことは、もっと介護出来たんじゃないか?もっと声かけして構ってあげれたんじゃないか…
何かやり残した事が頭をよぎり感情が高ぶったんだろうと思います。でも人は、日々追われながらの生活でわかっていても余裕がないんですよ、そこまで手が届かない、で、亡くなってある意味ホットした時にその気持ちが湧き出てくる。

それぞれ死を迎える形の違いはあります。晩年は病気などで 家族が大変な事もあります。また、会話などもできない場合もあります。でも、其処で前もっての死後のメッセージがあれば、メッセージを受け取った家族や関わりのあった方はどう言う気持ちになるか?知らされていなかった事や誤解、また本心など、メッセージがある事で凄く癒やされ、感謝の気持ち、心を打たれる事と思います。亡くなった本人の心の中の声、受け取った方々はきっとこれからの生き方、人生の手本になります。

今の時代は自分本位になりがちで、助け合いの精神や感謝の気持ちが欠けています。その意味で「すまいるポスト」というサービスは心のケア、忘れていた自分を取り戻し初心にしてくれます。人生は短かきも長い、途中で立ち止まる時も必要です。少しの時間を割いて何か形のある事を残して次世代に引き継いでいきましょう。

The following two tabs change content below.
鈴木 管主(高天原本宮)

鈴木 管主(高天原本宮)

住所:〒551-0031 大阪府大正区泉尾2-3-9 HP:http://www.takamagahara.or.jp/ 大阪市大正区と交野市で宗教法人 高天原本宮を運営しております 鈴木 和也です。22年間神仏のご奉仕の仕事をさせて頂いており、月詣り、祈祷祈願、地鎮祭、法要を通じて人とのふれあい、出会いを大切にしています。
鈴木 管主(高天原本宮)

最新記事 by 鈴木 管主(高天原本宮) (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 高濱さん171214図4老齢厚生年金

    コラム

    『高齢社会!どう生きる?』①

    ◦年金事務所は忙しい!こんにちは、社労士・FPの高濱光暢です。…

  2. untitled

    コラム

    介護、看取り・・・今も残る胸の痛み (2)

    こんにちは、ライターの“ほき”です。2回目の寄稿になりました。…

  3. a1130_000350_m 鈴木さんNo2

    コラム

    神道の葬儀② 2日目葬場祭について

    神道のお葬式=神葬祭仏式で言います『告別式』を神道では、葬場祭(そ…

  4. コラム

    高齢化社会・・・!?

    最近よく『高齢化社会』という言葉を耳にしますが、本当にそうなのでしょう…

  5. untitled

    コラム

    親を見送ること ①

    こんにちは。ライターの“ほき”です。今日は、親が亡くなった時、…

  6. OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    コラム

    墓じまいの悩み

    こんにちは、ほきです。日本列島、連日猛暑が続いていますが、皆様お元…

最近の記事

  1. 高濱さん20190530 メインa0002_000996
  2. ym20190314 メイン画像鳥と空 a1180_009312_m
  3. 高濱さん20190307 記事メイン a0002_001535_m
  4. 高濱さん記事メイン画像2090114 a0002_005956_m
  5. 高濱さん20181023メイン a0960_003831_m

特集記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP