すまいるポスト

untitled

コラム

墓じまい

こんにちは、ライターの“ほき”です。

これまでに、親の介護、看取り、お葬式などで、私が経験したことや考えたことを読んで頂きました。本当に、人がその一生を閉じるのには、いろんな過程を経なければならないのだと、つくづく思いました。そして、それらのことが一段落しても、更に考えなくてはならないことがありました。「墓じまい」です。

これは、後を継いで行く子や孫がいれば、考えなくてよいことでしょうが、私の家は私の代で終わってしまいます。
私の親は、自分たちの葬儀のこととか、先祖たちの供養のことまでは気にかけていましたが、「墓じまい」は何故か頭になかったようで、一度も話に出たことがありませんでした。従って、私も全く考えたことがなかったのです。。

母が亡くなってしばらく経った頃、たまたま見ていたテレビの番組の中で、墓じまいのことを取り上げていました。

近年は子供の数も少なく、後を継ぐ人がいなかったり、皆が都会で生活を営んでいて、田舎にある代々のお墓の面倒をみられないとか、状況はいろいろです。が、最後の代になる人が、元気なうちに始末をつけておこうとすることが増えているとのことなのです。

「あら、うちもじゃないの!!」と、不覚にもその時初めて気付いたわけです。恥ずかしいくらい呑気な話ですよね。

そういう問題が残っていたのか!何をどうすればよいのだろう? 費用って、どれくらいかかるのだろう?・・・見当もつきません。

墓じまいの作業は、墓石屋さんがしてくれるという情報を得て、我が家の墓地の近くの墓石屋さんに聞いてみました。

うちは公営の墓地を借りているので、その土地は更地にして返さないといけないそうです。面積によって費用は変わり、当然墓石は撤去・・定められた場所に持って行かねばなりません。
諸々見積もってもらったら、これが、なかなか結構な金額になるんですねえ・・・・。

更にお骨をお墓から出す時の供養、新しい場所へ納める時の供養、その後の永代供養を望むならその費用等々、様々発生してくるんですね。お骨の人数に依っても違ってきます。

その段階で私はちょっと参ってしまって、現在は「墓じまい」は一旦保留にしています。とは言え、そんなに遠くない将来には、始末をつけないといけません。先祖を無縁仏にしてしまうわけにはいかないと思いますもの。

「墓じまい」は、先祖たちのお骨を何処へどう納めるか、それも決めておかなくてはならないことでもあるので、そう簡単ではない気がします。今までの宗派とのお付き合いもありますし・・・。

この件に関しては、これからいろいろ調べて考えようと思っているところです。
これは、私自身の最後の身の処し方にも繋がって行くことでもありますしね。

同じような状況にいる友人と情報交換をしたり、アイデアを出し合ったり、あるいは一緒に調べに行ったりと、少し楽しみながら対処していけたらと思っています。

The following two tabs change content below.
ほき

ほき

関西在住、アラ60の女子です。3年前に両親の介護を終えて、今は月の内半分程仕事をしながら、趣味の合唱や美術展鑑賞、友人とのお喋りランチを楽しんでいます。
ほき

最新記事 by ほき (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. FullSizeRender

    コラム

    介護、看取り・・・今も残る胸の痛み (1)

    はじめまして。ライターの“ほき”です。 今回が初めての寄稿です。…

  2. untitled

    コラム

    親を見送ること ①

    こんにちは。ライターの“ほき”です。今日は、親が亡くなった時、…

  3. コラム

    高齢化社会・・・!?

    最近よく『高齢化社会』という言葉を耳にしますが、本当にそうなのでしょう…

  4. ブログ2017Oct6 a1150_001070_m

    コラム

    お坊さんに聞いてみました!その1

    以前から、お坊さんに「実はちょっと気になるんだけど聞けない」ことを聞い…

  5. a0800_000045_m 高濱さんNo3 候補

    コラム

    公的年金制度は大丈夫か?

    1.少し騒がせていますこんにちは、社会保険労務士・FPの高濱光…

  6. thum_20170227

    コラム

    宇宙と仏教のスケール

    by 京都坊主BAR店主・僧侶大乗仏教の経典で、浄土真宗の依りどこ…

最近の記事

  1. a0800_000045_m 高濱さんNo3 候補
  2. a1130_000350_m 鈴木さんNo2
  3. ブログ2017Oct6 a1150_001070_m

特集記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP